「クレンズダイエット」短期集中 体をリセット!

クレンズダイエットとは? 

前から海外セレブや、Facebookの糖質制限のメンバーの言葉の中で
「3ケ月一回程度の断食」という言葉を聞くたびに・・・
具体的にどうやるのが良いのかな? と やり方が気になっていました。
ローカーボや糖質制限をし、脂肪を多く取るようになると「空腹感」が
なくなり本当に食に関しては楽になりました。

正直「食いけが多く」年中食べるもののことばかり考えていましたから(笑)

3日も断食なんて絶対無理!! と思っていましたが
本当に体がスッキリ デトックスできるって「興味しんしん」

海外から楽にできる「ドリンクセット」も入ってきてるそうで
信頼してできるメーカーなら安心ですよね。
【マスタークレンズダイエット】
調べた範囲を「ご紹介します」ね♪

▲ まず原理としては、3日ないし5日までの短期間
「100%のジュースだけで」ファスティングするもの ということ。

▲ ジュースはコンビニなどで売っているものではなく「原則」手作り。
・・・・ 本来デトックス(毒だし)が目的なので「添加物」「合成保存料」「食塩・砂糖」などが含めれていてはいけないというのが理由。
→ 効果としては「肌がきれいになる」「痩せる」「排便」「腸内環境の整備」

▲ デトックス効果
100%野菜ジュースに含まれるカリウムが、毒素を排出する過程でナトリウムも同時に排出することにより、デトックスする。

▲ 胃腸の整備
・・・・ 胃腸内を空っぽにし、本来の機能を取り戻すことにより正常な状態へ働きかける。
※ 胃にものが無い状態が目的なので当然実践中は、固形物となる食品はもちろん、カフェインやアルコール類は絶対に摂取してはいけません。

▲ ダイエット
クレンズダイエットは短期集中で体重を落とすことはできますが、脂肪を燃焼させているわけではありませんので、減量とは若干異なります。
しかし、内臓が最高のパフォーマンスになっていますので
逆に集中してここから管理」していけば「痩せやすい体質」にチェンジ!
堪えどころです。

もし、目的が短期集中のダイエットならタンパク質は強い味方になってくれるので、
若干のプロテインや豆乳をプラスしてみることも良いかもしれません。

酵素ドリンクだけでのファスティングもありです。
その場合は各メーカーから、効果的な内容のモノをチョイスして下さい。


▲基本レシピ
材料を小さく刻んで、ミキサーに投入するだけです。

※ 新鮮なオーガニック野菜と果物など「安全なもの」

1食分 ×3日間(9食)

水→   200ml
氷→   適宜
ニンジン→100g
キャベツ→100g
セロリ→ 1/2本
リンゴ→ 1/4個
レモン→ 1/2個


<なぜ、クレンズダイエットを行うと体重が減るのでしょうか?>

理由としては、カリウムがナトリウムと同時に水を排出しますので、毒素を輩出したり、むくみの解消で結果的に体重が落ちるのです。
しかし、水分が抜けているので身体は脱水状態ですので、体が枯渇しないようにミネラルウォーターなど「良い水分」摂取し潤いを与えてください。
※ここで、間違えても、お酒やコーヒー、お茶などを飲んではいけません。クレンズ中はアルコール、カフェインの摂取は健康にも危険、絶対NGです。

<準備期間>

まず、いきなり始めるのではなく準備期間を数日おいてはじめましょう。
準備期間にすべきことは、徐々に食事量を減らし、内臓に負担になるものを控えるようにして少しづつ内蔵への負担を小さくしていきます。
軽めの炭水化物(おかゆ)とか野菜の薄だきなどの煮物、スープなどが良いでしょう。

<当日>
そして、当日からは、ジュース以外に口にして良いものはお水だけとなります。
どうしてもエネルギー不足で力が抜けてしまったり、人によってはめまいや貧血を起こす恐れもありますから、体に強い負担のかかる動作や運動は控えるようにして、
リラックスして過ごしましょう。


<注意点>
脳が体に「飢餓感」を感じると、脳の指令でエネルギー消費を抑えようと体の基礎代謝が下がってしまいます。それによって代謝効率が落ちるので、断食期間後に
一気に摂取量を吸収して(食事のエネルギーを)脂肪などに溜め込みリバウンドの原因になります。

<健康面からもダイエットの面からも、安静にリラックスできるタイミング>
が大事です。仕事等に追われない状態がベストなので「お休み」などが良いのかも。

<復食期>
此処が一番大事な期間。その後の食生活をきちんとする必要があります。まずは液状からゆっくり固形食へ。
おかゆなど消化が良いものを少しずつ増やしていき、普通の固さや量にゆっくり戻しながら内臓への負担を加えていきます。

<体に良い食事>
「マゴワヤサシイ」 って ご存じですか?



デトックスが終わったら 「体に良い食べ物」を取り入れましょう♪







あなたの毎日の健康のお役に立てたら、幸せです。