皮膚のかゆみが痛みに変わったら・・・

注意です!
すぐ病院に行ってください。

ジムのサウナでうつったらしく 皮膚の赤みに「自己判断で塗薬」を塗っても
かゆみが止まらず 次第に痛みになってきた気がして ネットで 「表題を検索」・・・

帯状疱疹でした。 

一旦なると何年もぶり返して 痛みを伴うウイルス性の病気だそうです


よくお風呂場で 「帯状の湿疹跡」 を残している人に
何度か話を聞いたことがあり ・・・治癒が遅いと 心配になり
先ほど 「歯医者のついでに」 行ってきました。

歯科医の、ワンフロア―下の 「内科」なので 
事前に「皮膚科かもしれませんが良いですか?」と聞いて
診察を受けたら 案の定 帯状疱疹でした。

まだ赤みは1箇所で小さいのですが・・・
ネットで 「ウイルス性の薬の為、最初の何日間しか薬の効力がない」
との記事を読み 案じていました。

5日以内に治療開始しないと 「長引き」薬が効かないそうです。


>発症したらすぐに治療を受けることが大事です。
帯状疱疹の治療は、抗ウイルス薬と消炎鎮痛薬を用います。
抗ウイルス薬は、早ければ早いほどよく効くとされていて(ウイルスの増殖は、
発疹が出て72時間でピークに達する)
ウイルスの増殖を抑制し、皮膚や神経のダメージを軽くし、皮膚病変と疼痛を
早期に軽減でき、病気の期間を短縮することが期待できます。


痛みを我慢していると、痛みに対して敏感になり、普通は痛みとして感じない
程度の刺激に対しても、過敏に反応して、治りにくい痛みになってしまいます。
(アロディニア)
また、痛みを冷やすとかえって強くなるので、できるだけ温めるようにします。
(入浴39〜40℃程度の湯に10分前後も効果的です)


----------------上記 疾病サイトより引用


私は当初上記を見るまで、知らないでシップをしていました。
(痛いので筋肉痛と思い モーラステープを貼っていました)

以降、入浴が効果的としり 温めております。(現況まだ 疾患中です~)
※現在治療中ですが他の方のお役に立ちそうなので「ブログ」に入れた記事を
転載しています。

「結果報告」!! 3週間で 完治しました♪ 
以降なんともないです。

「根があり 根治は難しい」との事なので、体調が落ちると再発し易いとのこと・・・
健康維持に気をつけて、自己管理していきたく思います。 
(※ 一番下にケア方法をいれておきます)

いただいた薬は「高価」!! 一日分1000円します!
最初3日分 処方されて、 3日めにまた3日分貰いましたが
(バルトレックス錠) 高いので グズグズ飲んでいたら月3万に!

早く治す方法を模索し 早速開始♪ 下記の方法で治りました~

-------------------------------------------------------
以下: <治癒経過報告> です。

帯状疱疹が早く治る 「すごい熱刺激」



昨日 経過3日目 ということで 病院へ・・・

2日目にあまりの痛さに吐き気までしはじめ どうやったら
 「早く自己回復」出来るか 考えて  

1. とにかく「伝染」させないこと・・・

帯状疱疹なので 「帯状に感染していく」→ 滲出液が移っていくこと
を まず止めなければ!・・・ と思いました。

幸いまだポツポツ段階なので、個別に「バンドエイド」で留めて 
その上から大きなテーピングで「カバー」をすることに。

役に立ったのが「湿布の固定テープ」でした。



個々に貼ったバンドエイドの上に貼ることで「ずれない効果が」
脇から菌ががもれて移ることもなく 被害が最小限にすんでいます。


2. 痛みの軽減

とにかく痛い そしてまだ移り始めの処は かゆい
何とかして軽減したいと思い 最初にやったのが 「サウナ」でした。

私は「虫に食われたかゆみ」 はさっさとサウナで治しています。
蚊ならまだしも 皮膚に食い込んだ様子のダニらしきときは・・・
塗り薬を塗っても 一向に効かず 「何度もぶり返してかゆい」ものです。

それをサウナで、壁や土台に患部を押し付けて「焼いてやると」
ぐかゆみが取れ 回復!!

搔きむしる跡も残らずきれいに治るのでこれを応用することに~♪

患部にタオルを充てて 「他の方へ移らないように!」
(私のように・・・ ( ;∀;))  →  焼く!!  焼く!!

これでかなり楽に´ ³`)ノ ~♡
 

前回の記事で ネット検索した折「39度以上のお風呂が
 「痛み軽減に効果的」 とあったので ・・・

先ごろ学会で発表された 「熱治療」 と同じ原理? と思いました。
(※ 癌細胞までも38.5度以上の熱で やっつけられるとの事

ただ一日、ジムのサウナに居るわけにもいかず・・・
次に思ったのが

3. 熱「タオル療法」。 

電子レンジで温めたタオルを10分間 取らずにじっと冷めるまで
患部に着ける方法

この本は、先日図書館で借りて読んでいたので 「実践」!!

かなり 効果が~
 「痛みもかゆみ」も半減します。

著者は、井本邦昭さん。


この療法 からだのあらゆる「疾患」に効果的との事。

38.5℃~ というのは「自己免疫が活発になる温度」 利用します。

集中修理の命令 を出すわけです。

頭痛 肩こり 筋肉の痛み・・・ 応用範囲はかなり広そうです。

お勧めします

今これを書きながらも「背中にタオル」が貼りついて(笑)
ゆっくり冷めていっております。

※ 途中でタオルは外さないことが秘訣です。
※ それとある程度タオルの温度はタオルを振るなどで
適温に冷まして 使用してください!!  くれぐれも・・・
 <火傷はご注意ください>  



まだ現状報告の段階ですが 通常は何週間も苦しめられるようです。
出来るだけの「早い治療を目指して」 完治報告もさせていただきますが
とりあえず「痛み・かゆみを軽減する方法をお知らせしたく」
早めのアップいたしました。
----------------

此処から「最後の仕上げケア」

4. ツボ膏 一点貼り
見た目もキレイに何処にも赤味がないのに・・・
「出発点」や「うつった部分」 が痛い "(-""-)"

冷やせない 温めたい と考えて 「ツボ膏」を思いつきました。
検索すると「ロイヒツボ膏」と言うのが! 注文だと時間がかかるので
薬局に走りました。


点の部分に貼りました。
カプサイシン(唐辛子成分)が入っているのかジンジン来ます。
でも痛みやかゆみの「記憶感覚」(痛さのあまり脳に記憶させる恐れがある)
を軽くするのには効果があって2日貼って点の痛みが軽減。

当然かゆみも♪ 

◆ あとはひたすら入浴時肩に熱いタオルをのせて半身浴
◆ サウナで背もたれにくっつけ → 焼く


これで3日位 ・・・ 

→ →  何とか3週間目には何もせずにいられるように(^◇^)

2,3ケ月はかかると聞いていましたので 安心しています。

これからは急激な体調不良に気を付けて「自己免疫」を大切にしていきます。

痛みやかゆみの最中の方・・・

お大事に お身体 おいといください。  <(_ _)> 

あなたの治療のお役に立てたら、幸せです。